2008年10月09日

【江ノ島】磯料理 天海

20081009_09
20081009_09 posted by (C)Air-Wind

オーダー
海鮮丼
きんめさしみ

『海鮮モノが食べたい!』
という僕の強い要望を元に、車にて鎌倉方面に向かったのですが、
腰越辺りでいくつか候補を探したものの運悪く定休日の店ばかり。
木曜日は休みにしてる店が多いのね。
連休の前に一息入れてると言うことなのかも。

さてどうしようかと車を藤沢方面に向けたところで、
ふと海の先にある江ノ島が目に入ります。
いっそあそこまで行っちゃった方がいいんじゃ?
という事を運転手に伝えた、そのまま江ノ島に向かって貰いました。

江ノ島に入って左側に曲がってすぐの駐車場に車を停め、
どこに向かうかをちょっと考えます。

目の前にしらす料理の有名店『とびっちょ』が見えるのですが、
木曜という平日にも関わらず大混雑しています。
http://www.tobiccho.com/

もしかしたら腰越辺りの店の休みが多くて集中していたのかも。
確か参道の方にも2号店があったような気がしましたし、
他にも海鮮料理の店があった筈なので移動開始。
しばらく歩きながら店を探すことにしました。

という事で青銅の鳥居をくぐって参道へ。

20081009_01
20081009_01 posted by (C)Air-Wind


同行者がちょっと惹かれていたのが、鳥居を抜けてすぐ左手にある、
『海産物 磯料理 丸だい 仙水』
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~marudai/
ここは僕がちょっとびびったので今回はパス(笑)

とびっちょ2号店のたこ島も大混雑で生しらす品切れ間近。
http://www.takoshima.com/
かなり待ちそうな上に目の前で売り切れたら寂しいのでやめました。
そこまでしらすづくしを食べたい訳じゃなかったしね。

もう少し店を探して神社の方に向かって上がっていきます。
途中のせんべいや饅頭の誘惑が激しいぜ(笑)

20081009_02
20081009_02 posted by (C)Air-Wind

昔江ノ島丼とか江ノ島ラーメンを食べた『ハルミ食堂』も健在。
http://www.enoshima-harumi.com/
店頭で焼いているサザエやはまぐりが大変美味しそう。
しかし今日は鮮魚モードなので移動します。

そろそろ鳥居も見えたので引き返すかな?
というところで1件のお店が目に入ります。

20081009_03
20081009_03 posted by (C)Air-Wind

『磯料理 天海』です。
これで『あまみ』と読みます。

20081009_04
20081009_04 posted by (C)Air-Wind

『生しらすあります』の小さな看板が目に入ったので、
店頭に居たおばちゃんに確認するとまだ大丈夫との事。
店内を見ると妙に空いていて若干不安になりましたが、
お腹も空いていたし、何より気分が生しらすモード。
ここで食べる事に決定して店内に入ります。

なんか店頭にはどっかで見たblogの内容がコピーして貼ってありました。

20081009_05
20081009_05 posted by (C)Air-Wind

どうやら行きつけの店だそうで。
店内にはサインも貼ってありました。

さて、メニューを確認しつつ注文を決定します。
最初は生しらす丼にしようかとも思ったのですが、
あじしらす丼とか他の誘惑もあってかなり迷います。
網元と直接契約しているから生しらすの入荷も豊富なんだそうです。

迷ったので店のおばちゃんにお勧めを確認したところ、
今日の海鮮丼には生しらすが入っている事を確認。
生しらすを大量に食べたい訳でもなかったのでそれに決定。
ご飯はしらすやいくらが入る事を考えて普通のご飯にしました。
更に金目鯛の刺身がお勧めという事でみんなで注文します。

注文した後にトイレに行ったりしている内に、
あっという間に席が埋まって満席になりました。
僕らが入った時は先客が一組だったこともあり、
8人掛けのテーブルを贅沢に3人で使っているのですが(笑)
空いていたのはタイミングが良かっただけの様です。

待つことしばし、海鮮丼が登場です。

20081009_06
20081009_06 posted by (C)Air-Wind

20081009_07
20081009_07 posted by (C)Air-Wind

これは旨そう。
生しらすだけではなく釜揚げしらすも乗っています。

20081009_08
20081009_08 posted by (C)Air-Wind

20081009_09
20081009_09 posted by (C)Air-Wind

更にはいくらに甘エビ、アジ、いか、まぐろ、つぶ貝(多分)。
海草が散らしてあるのもなかなか特徴的です。
江ノ島ならではの海鮮丼といった感じです。
ではわさびを醤油で軽く溶いてかけてから、
生しらすと釜揚げシラス、いくらの辺りを取り混ぜて頂きます。

ウマー。

いやまぁ僕が諸事情で鮮魚に飢えてたのもありますが、
新鮮なしらすといくらの食感がなかなか素敵。
ご飯は酢飯よりも普通のご飯にして正解だったかも。
海草や釜揚げしらすも一緒に混ぜ込むと更に良い感じです。
他の刺身類もなかなか良かったですが、つぶ貝は今ひとつ。
ご飯との相性を考えたら小皿で出して貰った方が嬉しいかもしれません。

海鮮丼を堪能している間に金目鯛も到着しました。

20081009_10
20081009_10 posted by (C)Air-Wind

これが大変美味。
脂がしっかり乗った身に軽くレモンを絞って食べましたが、
口の中で脂の旨味が広がって、プリッとした歯ごたえも嬉しい。
これは別途あったかいご飯かお酒が欲しくなる(笑)

刺身を堪能した後は、頭や骨周辺をアラ煮にして貰いました。

20081009_11
20081009_11 posted by (C)Air-Wind

これも美味しかったのですが、身の部分は既に刺身で食べていたので、
残念ながら食べるところはほとんどなし(笑)
3人で食べるなら別途煮付けを頼んでも良かったかも。

海鮮丼のお値段は1890円。
金目鯛と合わせて3人で8000円くらいでした。
観光地なので多少高いのは仕方ないかなと。
同じレベルのものを都心で食べたら多分もっと高い。
美味しい海鮮モノを求めて向かうのは充分ありだと思います。


帰りがけに目に付いたものをちょっと購入。

20081009_12
20081009_12 posted by (C)Air-Wind

まずは行きの段階で目をつけていた『しらすコロッケ』。
『まぐろコロッケ』もちょっと惹かれたけど今回はこっちに。
どうやら『えのすぱ』のオリジナル商品らしい。
http://www.enospa.jp/rest_shop/shop.html
さくっと揚がっていて、ほのかにしらすの味がするのが良いです。
海鮮の後に揚げ物で締めたお陰で食後の満足度が上がりました(笑)

ちなみに受け取る時に『トンビに気をつけて下さいね』とか言われた。
冗談ではなくホントに持って行かれるらしい。
こえー。


20081009_13
20081009_13 posted by (C)Air-Wind

こちらは『寺子屋本舗』の手焼きせんべい。
http://www.mochiyaki.jp/4.direct-shop/4.kanto-koshinetsu/2.enoshima/syosai.html
種類も豊富でかなり迷いましたが、
特上のりの響きに惹かれてこれにしました。

パリっと仕上がっていて香ばしく、のりとの相性も抜群。
間違いなくあったかいお茶が欲しくなります。
店内で食べるとお茶がサービスで出るそうなので、
散策に疲れたらこちらで一休みもいいかもしれません。


自分にとっては市内の観光地なのでなかなか足が向かないのですが、
たまに遊びに行って食べ歩いても面白いなぁと思った次第。
機会があったら観光イベントでもセッティングしてみようかな。


<お店データ>
磯料理 天海
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~shouten/shop/eno004/eno004.html

住所:神奈川県藤沢市江の島1-4-9
電話番号:0466-27-1060
営業時間:10:00〜19:00
定休日:無休
posted by Air-Wind at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 【遊食】藤沢周辺
この記事へのコメント
精力剤(せいりょくざい)とは、主に更年期以降における男性を対象とした、性機能増強のための薬剤及び一般食品の俗称。
Posted by 漢方精力剤 at 2018年08月28日 11:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20884408
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック