2008年10月06日

【松崎】地魚料理 さくら

20021124_14
20021124_14 posted by (C)Air-Wind

思わぬところでお店が健在ということを知りましたので、
6年前の写真を引っ張り出しつつ紹介します。
伊豆の松崎にある『地魚料理 さくら』です。

SNSにてある方の日記を見ていた際に、
『さくら ところてん』というキーワードが妙に引っかかったのですが、
店構えの写真を見て一気に記憶がフラッシュバック。

20021124_11
20021124_11 posted by (C)Air-Wind

間違いなく同じ店です。
先日2002年の写真を整理していたところだったので、
その分記憶が蘇りやすかったのかもしれません。

行ったのは2002年の11月。
実はカメラの時計がちゃんと合っていなかったので、
確実ではないのですが多分23,24辺りだと思います。
近くのペンションに泊まった次の日の昼に、
周辺を観光した後の〆として立ち寄ったのでした。

『さくら』はすぐ近くにある伊豆の長八美術館の駐車場内にあり、
昼時には観光バスの団体も利用するくらいの人気店です。
かつおやいわし、あじ、いかといった様々な地魚を、
種類豊富な定食や一品料理で楽しむことが出来ます。

そんな『さくら』で特に食べて頂きたいものが2つ。
1つは『まご茶定食』、もう1つが『ところてん』です。
特にところてんは、食事を頼むと無料で食べ放題になります。
入店する前から同行者はところてんモード(笑)
昼ちょっと過ぎの時間を見計らって入ったので、
特に並ぶ事なく席に着くことが出来ました。

僕のオーダーは迷わずこれ。
店内やメニューでも一押しされている『かつおのまご茶定食』です。
同行者は季節の地魚の天ぷらの定食にした様です。
しかしこれは要するに僕におかずを回す作戦。
オーダーもそこそこに駆けつけところてん状態でした(笑)

混雑している店内の様子を眺めつつ待っていると、
オーダーした料理が運ばれてきました。
まず『かつおのまご茶定食』の主役が先にやってきました。

20021124_12
20021124_12 posted by (C)Air-Wind

たっぷりのオニオンスライスの上にかつおが豪快に乗っています。
ご飯が到着するまでこれを良く混ぜておくという方向性。
生姜を入れて良く混ぜた後、一口頂いてみる非常に美味い。
肉厚のかつおは勿論新鮮で特製の醤油ダレとの相性も抜群。
このままでも全部食べてしまいそうです。早くご飯が欲しい。

間もなくお釜に入った炊き立てのご飯が登場して、
アツアツのご飯の上にかつおを乗せて堪能します。
半分くらい楽しんだ後にダシを貰ってお茶漬けにします。
これがまた非常にたまらない…のですが…肝心の写真がない

この頃はデジカメを買って料理写真を撮り始めたばかりなので、
今一つツボを押さえた写真が撮りきれてないなぁ。
多分食べながら写真になるからと撮るの止めたんだろうな。
紹介記事としては物足りないので是非リベンジに行きたいところです。
単純に食べたくなっただけとも言いますけど(笑)

こちらは同行者の頼んだ天ぷら。

20021124_13
20021124_13 posted by (C)Air-Wind

恐らくいわし…だと思います。自信はない(笑)
アツアツに揚がった天ぷらは歯ごたえもよく、
大きさも量も十分の一皿です。
定食への追加分としては多すぎ(笑)


さて、定食も堪能したのでところてんへと移ります。
まずは同行者が先に堪能していた、
東日本では王道の酢醤油ベースのところてん。

20021124_14
20021124_14 posted by (C)Air-Wind

まさに王道。
地元のさらし天草で作ったというところてんは、
良く冷えていてのどごしもよく、するっと入ってしまいます。
しかしここのところてんはこれだけではありません。
麺タイプの他、キューブ状に切った物も用意してあり、
味自体も色々なものを練りこんで数種類用意してあります。

上にかけるものも酢醤油(三杯酢かも)にきな粉、
ミルクなどなど種類が豊富に用意されているので、
組み合わせ次第で色々楽しめるといった按排です。
つまりがっつり食った後だと逆に悔しいという方向性(笑)

結局僕らはこうなりました。

20021124_15
20021124_15 posted by (C)Air-Wind

20021124_16
20021124_16 posted by (C)Air-Wind

20021124_17
20021124_17 posted by (C)Air-Wind

20021124_18
20021124_18 posted by (C)Air-Wind


ところてん食いすぎです。

2人で色々取ってきてちょっとずつ楽しんでみました。
特に最後のはコーヒーゼリーっぽくて面白かったです。
普通は2〜3杯食べれば充分だと思います。


思わぬところで良店の健在が分かって何より。
いずれ機会を作って食べに行きたいなぁ、と思います。
きっと周りのほかの店にも惹かれるんだろうけど(笑)



<お店データ>
地魚料理 さくら

住所:松崎町松崎22−3
電話番号:0558-43-1532
営業時間:11:00〜20:00
定休日:不定休


詳細を紹介しているページはこちら。
http://homepage2.nifty.com/koaji/shokujitokoro/matuzaki/sakura.htm
今回のレポートを書くにあたり参考にさせて頂きました。
というか行った当時もここを見た覚えがあるわ(笑)
posted by Air-Wind at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 【遊食】その他の地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20695128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【プレイバック】恋人岬シーサイドビュー ほせふぃ~な
Excerpt: 20021123_12 posted by (C)Air-Wind 先日ふとしたきっかけで6年前に行った店の健在を知りました。 http://gourmet.air-wind.com/article..
Weblog: Capricious Wind
Tracked: 2008-10-07 16:05